ニュース
» 2017年12月20日 15時00分 公開

医療機器ニュース:先端湾曲機能を搭載した3Dビデオスコープの新製品を発表

オリンパスは、外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE FLEX 3D先端湾曲ビデオスコープ」の新製品「LTF-S300-10-3D」を2017年12月下旬より発売する。同社の外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE II」に対応している。

[MONOist]

 オリンパスは2017年12月5日、外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE FLEX 3D先端湾曲ビデオスコープ」の新製品として、「LTF-S300-10-3D」を発表した。同社の外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE II」に接続して使用する。日本、欧州、アジアの一部地域で、同月下旬より販売を開始する。

 3Dビデオスコープの先端に湾曲機能を搭載し、対象部位の正面視に加え、裏側まで観察できる。操作部には、先端部を直感的に操作するジョイスティックを新たに採用。スコープ先端を縦・横・斜め方向に操作し、観察したい部位へスムーズに視野移動できる。

 スコープ先端部は、従来機種より約20%短縮化。先端部を湾曲しづらい直腸周囲や骨盤腔内などの狭い空間でも近接した観察が行える。また、VISERA ELITE IIと接続することで、より高精細で立体感のある3D映像を提供可能になった。

 VISERA ELITE IIは、3Dの他にIR(赤外光)、2D、狭帯域光観察など、さまざまな観察方法に対応する。各種カメラヘッドとビデオスコープとの幅広い互換性を備え、汎用(はんよう)性の高いユニバーサルプラットフォームとして、病院内でのシステム運用を効率化する。

photo 「ENDOEYE FLEX 3D先端湾曲ビデオスコープ」の新製品「LTF-S300-10-3D」 出典:オリンパス
photo ジョイスティック操作部 出典:オリンパス

関連キーワード

3D | オリンパス | 医療機器ニュース


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.