ニュース
» 2017年12月26日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:政府が推し進める第4次産業革命の投資と税制改正を活用すべし

思うところはいろいろありますが、「Connected Industries」へのやる気が感じられる平成30年度予算案と税制改正になりました。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年12月26日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


政府が推し進める第4次産業革命の投資と税制改正を活用すべし

 年末押し迫る中、2017年12月22日に日本政府の平成30年度予算案が閣議決定されました。2017年3月の「CeBIT 2017」に合わせて発表した、第4次産業革命に向けての日本の施策「Connected Industries」を推進する投資が盛り込まれています。これと併せた税制改正も行われます。

 Connected Industriesについては「Connected Industriesによる社会課題の解決・競争力強化〜第4次産業革命を契機とした生産性革命〜」として4項目の予算が設けられています。

  1. Connected Industriesの実現:614億円+平成29年度補正予算で101億円
  2. サイバーセキュリティ強化:42億円
  3. ベンチャー育成に向けた取組:24億円
  4. EdTechの活用やリカレント教育等による多様な人材の育成:平成29年度補正予算で25億円

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.