ニュース
» 2017年12月26日 14時00分 公開

医療機器ニュース:IoTで予防歯科の啓蒙と促進を「入れ歯は確実に防げる」 (1/3)

富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニーはIoTスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売する。富士通の歯科医院向けクラウドサービスを利用する、日本の予防歯科における第一人者、日吉歯科診療所 理事長である熊谷崇氏が、予防歯科の意義や課題について訴えた。

[小林由美,MONOist]
富士通 第二ヘルスケアソリューション事業本部 ビジネス戦略統括部 新ビジネス推進室 室長 山田直樹氏

 富士通とサンスターグループ オーラルケアカンパニー(サンスター)は2017年12月25日、IoT(モノのインターネット)スマート歯ブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と歯科医院向けクラウドサービスが連携する先進予防歯科サービスを販売すると発表した。2018年1月31日より提供開始する。サービスの提供価格は個別見積もりとなる。G・U・M PLAYについては希望小売価格が1台5000円。

 G・U・M PLAYはサンスターが2016年4月に発売した製品で、「歯磨き採点化機能」を搭載。日常使用する歯ブラシに専用センサー付きアタッチメントを装着し、スマートフォンのアプリを連動させることで、ユーザーの歯磨き方法を採点し記録する仕組みになっている。日割りや週割りで、ユーザーがどれくらい磨がけたかが可視化される。自分の口腔内の模式図やグラフを眺めながら正しい磨き方を分析できる。子ども向けにはゲームの「マウスモンスター」を楽しみながら磨く機能も提供する。

G・U・M PLAYのセンサー付きアタッチメントを装着した歯ブラシ:下部の円筒状の部品がアタッチメント

 富士通の歯科医院向けクラウドサービスでは、導入する医院のレントゲン写真や口腔内写真、う蝕検査、歯周病検査、歯科衛生士のコメントなどをクラウドのデータセンターで一括管理する。患者は自分のPCやスマートフォンから自分自身のデータをいつでも閲覧できる。現在約50の予防型歯科医院で採用されている。

歯科医院向けクラウドサービスの概要(出典:富士通)

 今回発表のサービスでは富士通の歯科医院向けクラウドサービスに蓄積された患者の情報と、サンスターのG・U・M PLAYから収集した歯磨き採点の情報を連携させる。新サービス開始と併せ、スマートフォン向けの新アプリ「MOUTH STATUS」をサンスターが提供する。このアプリではユーザー自身の歯の状態を閲覧しながら、かかりつけ医院からG・U・M PLAYを使ったケアに関するアドバイスを受けられる。

予防歯科サービスのイメージ(出典:富士通)
MOUTH STATUSの概要(出典:サンスター)

サンスターグループ オーラルケアカンパニー マーケテイング部 統括部長の淡島史浩氏

 両社は2020年までに歯科医院500カ所のサービス導入を目指す。導入先は予防型といわれる虫歯や歯周病の未然予防に積極的な歯科医院が中心になるという。

 サンスターのマーケテイング部 統括部長の淡島史浩氏は「人にはよるが、3〜6カ月に1回のメンテナンスが理想」であり、歯周病は全身の健康に関与することを指摘する。「オーラルケアの意識を高めることで、全身の健康に貢献していきたい」としている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.