ET2017 特集
連載
» 2017年12月27日 07時00分 公開

ETロボコン2017:ガレッジニア部門が初開催、マイクスタンドまでスマート化?〜ETロボコン2017チャンピオンシップ大会〜 (4/4)

[大塚実,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

2018年はゲーム競技の大幅な変更も?

 しかしゲームの難易度が上がったという事情があるにしろ、クリアできたチームがかなり少なかったのはやや残念なところだ。Lコースで図形の作成に成功したのは4チームだけ。Rコースでブロックを8つ全て動かすことができたのはたった3チーム。全く得点できなかったチームも多かった。

ETロボコン実行委員長の星光行氏 ETロボコン実行委員長の星光行氏

 表彰式において、ETロボコン実行委員長の星光行氏が総評をコメント。この結果では、「アドバンストクラスは正直寂しかった。もっと頑張って欲しかった」と、辛口な評価にならざるを得なかったが、2018年に向けて各チームの奮起を期待したいところだ。

 なお、2018年の大会については、プライマリークラス/アドバンストクラスとも、走行体が変わるということが明らかにされた。現在の走行体で使われているタイヤが販売終了となり、入手が難しいことが理由。2018年からはこれまでより大きなタイヤを使うしかないが、同じ制御角でも移動距離が大きくなってしまうため、細かい制御が難しくなるそうだ。

大きなタイヤを採用した新型の走行体大きなタイヤを採用した新型の走行体 大きなタイヤを採用した新型の走行体(クリックで拡大)

 会場では、試作した走行体によるデモ走行が披露されたが、この姿は決定ではなく、まだ変更される可能性があるとのことだ。

 一方、アドバンストクラスの競技内容についても、大きく変わる模様だ。ETロボコン技術委員長の江口亨氏によれば、「ブロック並べもET相撲も、2017年でいったん終わる形で考えている」とのことで、2018年はまた新しい仕掛けの競技が楽しめそうだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.