SCF2017 特集
特集
» 2017年12月27日 10時00分 公開

SCF2017:簡単IoTが描くカイゼンの進む道、大きなポイントは「OPC UA」 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

急速に拡大する「OPC UA」対応機器

 今回「簡単見える化」を実現する機器として、急速に採用が拡大しているのが「OPC UA」である。OPC UAはドイツのインダストリー4.0の推奨規格として早期から位置付けられており、欧州などを中心に急速に関連機器を増やしている(※)

(※)関連記事:インダストリー4.0で重要な役目を果たす、Windows生まれの「OPC UA」

 新たにオムロンがOPC UA対応のPLC「NJシリーズ」を紹介。2018年1月からOPC UA標準搭載モデルの出荷を開始するという。オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニーの商品事業本部 コントローラ事業部 第1開発部 部長の宗田靖男氏は「OPC UAはインダストリー4.0の推奨通信規格となっており欧州企業の採用が急加速で進んでいる。稼働監視などを安心に実現するためには対応が必要だと考えた」と述べていた。

photo オムロンがSCFに出展したOPC UA対応のNJシリーズ

 シュナイダーエレクトリックは、OPC UA対応を1つの切り口として、IoT対応PLCの日本展開を計画する。Ethernet/IPの他、OPC UAに対応し上位システムと容易に接続が可能で、2018年に投入する計画を示している。シュナイダーエレクトリック 営業企画部 部長の林哲士氏は「OPC UA対応などへのニーズは高い。包装機器など今後IoT対応を広げていきたい機器メーカーに対して提案を進めていく」と述べている。

photo シュナイダーエレクトリックのOPC UA対応のコントローラー。2018年に国内でも投入する計画

 その他、以前からOPC UA対応PLCを展開してきた日立製作所グループなども訴求を強化。現状ではモーションコントロール領域の通信規格については集約の兆しは見えないが、IT(情報技術)とOT(制御技術)を結ぶ領域ではOPC UAのデファクトスタンダード化が進みつつある様子を示していた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.