ニュース
» 2017年12月28日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:CESはもう自動車では盛り上がらないのか

そんな先入観は持たずにラスベガスに向かう。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2017年12月8日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


CESはもう自動車では盛り上がらないのか

 年末に仕事初めの話をするな! と嫌がられてしまいそうですが、筆者の2018年はコンシューマーエレクトロニクス関連の見本市「CES」(2018年1月7〜12日、ラスベガス)からスタートします。お目当ては自動車関連の技術と、自動車に携わる企業の取材です。

 CESに行くのも、1人で海外に渡航するのも初めてです。ウキウキしたり不安になったり、「CESといえども展示会だ。今までの展示会と変わらないさ」と平静を装ったりしています。要するに、ものすごく浮足立っています。

 ただ、CESで自動車はもう盛り上がらないと年長の同業者からはよく言われます。せっかく初めて行くのに……と少しがっかりした気持ちにも時々なります。各社の出展概要のプレスリリースを見ると、興味深い展示はたくさんあるようですが、そうは言っても、「もう盛り上がらない」という意見を完全に否定することはできません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.