ニュース
» 2018年01月10日 13時00分 公開

3Dスキャナー:新菱冷熱と北大、3Dモデルを利用した3Dスキャナーの配置計画支援技術を開発

新菱冷熱工業は、北海道大学の金井理教授と共同で、「3Dレーザースキャナー配置計画支援ソフトウェア」を開発した。ユーザーが重要部分を指定するだけで、スキャナーの配置場所を自動で計画する技術を搭載している。

[MONOist]

 新菱冷熱工業は2017年12月12日、北海道大学 大学院情報科学研究科 教授の金井理氏と共同で、「3Dレーザースキャナー配置計画支援ソフトウェア」を開発したと発表した。スキャナーの配置場所を自動で計画する技術を搭載し、従来より短い計算時間で、高精度な計画を作成できる。

 3Dレーザースキャナーは、既存の建物や配管設備、機器類などの形状を点群データ化する計測器として、建設業界で活用されている。特に改修工事では、計測対象の部位によって工事上の重要度が異なるため、重要度に応じた精度のデータ取得が効率的とされる。例えば、冷凍機の入れ替え工事では、新しい配管と既設配管の継ぎ手部分、冷凍機や配管の周辺部分は重要度が高いが、それ以外は計測する必要はない。

 今回同社では、計測目的に応じた重要部分をユーザーが指定するだけで、スキャナーの配置場所を自動で計画する技術を開発。同技術を用いたスキャナー配置計画では、まず事前の現地調査で、スキャニングの対象設備を写真撮影し、簡易の3Dモデルを作成する。この3Dモデル上で重要度が高い順に計測重要度を指定し、同技術で解析することで、最も効率的なレーザースキャナーの設置場所を自動で計画する。

 例えば、約200m2の熱源機械室の機器入れ替え工事の場合、1時間程度の計算時間で高精度な計画の作成が可能になるという。今後は、同技術を改修工事で活用し、施工品質の向上と業務効率化による工期短縮を目指す。

photo 簡易3Dモデルを利用した計測重要度の指定 出典:新菱冷熱工業
photo 簡易3Dモデルを利用した計測重要度の指定結果(クリックで拡大) 出典:新菱冷熱工業
photo スキャナー配置計画(平面図が自動で計画された設置場所) 出典:新菱冷熱工業

関連キーワード

3Dスキャナ | 北海道大学 | 業務効率


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.