ニュース
» 2018年01月11日 15時00分 公開

医療機器ニュース:健康被害抑制や医療費の適正な指導のため、ICT活用コンソーシアムを設立

インターネットイニシアティブ、日本医事保険教育協会、Windyは、健康被害の抑制や医療費の適正な指導を目的としたICT活用コンソーシアムを設立した。また薬の重複や多剤投与を発見・防止して医療費適正化の効果を検証する実証実験を開始した。

[MONOist]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本医事保険教育協会、Windyは2017年12月18日、健康被害の抑制や医療費の適正な指導を目的としたICT活用コンソーシアムを設立した。また同日、患者に対する薬の重複投与や多剤投与を発見・防止する実証実験を北九州市にて開始した。

 実証実験では、薬局が医療保険者に対し、保険者の負担分を請求する際に使用する「調剤レセプト情報」を匿名化して、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」で分析。効果が同等である薬の重複投与、あるいは多剤投与を受けている患者を抽出し、医療費の適正化や薬害回避がどの程度見込めるかをシミュレーションする。

 また、上記の分析結果をもとにリスクが認められるケースをリスト化し、日本医事保険教育協会の保健指導サービスやかかりつけ薬剤師による投薬指導計画を立案する。この薬剤指導を円滑に進めるため、愛知県の自治体で導入実績のあるIIJの地域包括ケアシステム「IIJ電子@連絡帳サービス」を活用する。

 同実証実験では、薬の飲み忘れ防止や残薬管理も実施。これにはWindyの「お薬カレンダー」を活用する。お薬カレンダーは薬を服用する日や時間を用紙に印字しトレーに貼り合わせて封止しているもので、服用状況を見える化して、飲み忘れの防止につなげられる。

 同コンソーシアムは実証実験を通して、重複投与による薬害を低減し、医療費の無駄をなくす薬剤ソリューションの開発を目指す。

photo (クリックで拡大) 出典:インターネットイニシアティブ

関連キーワード

IIJ | 医療 | 実証実験 | IIJ GIO | 医療機器ニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.