ニュース
» 2018年01月12日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:品質・検査領域に広がるブルーオーシャン

ピンチはチャンスだと捉えたい。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2018年1月12日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

品質・検査領域に広がるブルーオーシャン

あけましておめでとうございます。2018年もMONOistならびにFAメールマガジンをよろしくお願いします。

さて、MONOistでは現在、2018年の業界のトピックや変化のポイントなどを示す「MONOist 2018年展望」を連載として展開中です。さまざまなテーマがある中で最初にどういうテーマを当てようかということを考えた中で、モノづくりを支えるメディアとして避けては通れないだろうということから、「品質不正問題」をテーマとしました※)

※)関連記事:品質不正問題にどう立ち向かうのか、抜本的解決のカギはIoTと検査自動化

 詳細については、記事を参考にしていただければと思いますが、訴えたかったメッセージの根幹にあるのは「ピンチをチャンスにしていくべきだ」ということです。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.