ニュース
» 2018年01月15日 13時00分 公開

CAEニュース:CFD結果の時間変化を簡単にグラフ化できる「Plot Expert V1」を販売開始

ヴァイナスはCFD(数値流体力学)解析用高機能グラフ作成ツール「Plot Expert V1」を販売開始した。同ツールは指定境界面における積分値の時間変化グラフ作成が可能だ。作成データを基にExcelを用いた編集も可能だ。

[MONOist]

 ヴァイナスは2018年1月15日、CFD(数値流体力学)解析用高機能グラフ作成ツール「Plot Expert V1」を販売開始した。同ツールはCFD可視化システムである「FieldView」アドオンプログラムであり、データ抽出からグラフ作成までを直感的な操作で実行可能だ。販売価格は、年間ライセンスが20万円、永久ライセンスが50万円(ともに税別)。

 同ツールは、指定境界面における積分値の時間変化グラフ作成機能を有する。非定常解析結果の指定境界面における時間ステップごとのスカラー値の積分値を取得。そのデータに基づき、次に縦軸をスカラー値、横軸を時間としたグラフを作成する。回転する機器などのモニターしたい点を時間ステップごとに追従させてスカラー値を取得可能だ。

非定常解析の時間変化グラフ作成画面

 作成したグラフのデータを利用し、Excelなどによる外部ソフトを用いて、複数のグラフを統合して編集したり、書式や装飾を追加したりなどが可能だ。

グラフのデータを用いて外部ツールで追加処理した例

 今後は、読込可能なデータフォーマットの追加、ダクト中心線に沿った物理量変化グラフ作成機能の追加、3次元グラフへの対応、MATLABへの対応などを予定している。

 同社では、航空宇宙、自動車、重工業などを中心にPlot Expertの販売を計画し、初年度で30ライセンスの販売数を見込む。

関連キーワード

グラフ | 新製品 | Excel | 流体科学 | CAEニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.