ニュース
» 2018年01月17日 07時00分 公開

工場ニュース:西日本製鉄所の連続鋳造機新設を決定、競争力を強化

JFEスチールは、岡山県倉敷市にある西日本製鉄所の連続鋳造機新設を決定した。先進の技術を導入し、西日本製鉄所のさらなる競争力強化を目指す。

[MONOist]

 JFEスチールは2017年12月14日、岡山県倉敷市にある西日本製鉄所の連続鋳造機新設を決定したと発表した。総投資額は約400億円。操業開始は2020年度後半の予定で、年産能力は約200万トンとなる見込み。

 同社は現在、2018年度に開始する第6次中期経営計画の策定を進めている。今回の決定は、その中で特に投資効果が大きい案件を前倒しで実施するものだ。先進の技術を導入し、高効率性と高品質化を両立させ、西日本製鉄所のさらなる競争力強化を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.