ニュース
» 2018年01月17日 08時00分 公開

ドローン:ドローンを使用したピンポイント農薬散布実証実験に成功

オプティムは、ドローンを使用したピンポイント農薬散布による大豆栽培の実証実験に成功。通常の栽培方法と比較して農薬使用量が10分の1に削減され、同方法による生産コスト抑制が可能であることが示された。

[MONOist]

 オプティムは2017年12月26日、ドローンを使用したピンポイント農薬散布による大豆栽培の実証実験に成功したと発表した。実験の結果、通常の栽培方法と比較して農薬使用量が10分の1に削減され、同方法による生産コスト抑制が可能であることが示された。

 同実証実験は、ドローンを用いたピンポイント農薬散布栽培による残留農薬量や収量、品質、労力、農薬コスト削減効果を実証するために行われた。佐賀県佐賀市にあるイケマコが管理する88アールの大豆畑を2分割し、一方は通常の栽培方法、もう一方は同社の「OPTiMスマート農業ソリューション」を用いたピンポイント農薬散布による栽培を行った。

photo 実証実験の概要(クリックで拡大) 出典:オプティム

 ピンポイント農薬散布栽培では、ドローンの自動飛行によって大豆畑全体を撮影した映像をAI(人工知能)が画像解析し、害虫位置を特定。ドローンが害虫の生息するポイントに自動飛行によって移動し、ピンポイントで農薬散布を行った。

photo 通常の農薬散布とピンポイント農薬散布の違い(クリックで拡大) 出典:オプティム

 栽培後、各大豆畑から5カ所ずつ株を採取。第三者機関ブルームに残留農薬検査を依頼し、5つの農薬について検査したところ、残留農薬は不検出であった。

 同社ではこの取り組みに関連する特許群を出願中で、今後はピンポイント農薬散布栽培に賛同する農家を募集していく予定だ。

関連キーワード

産業用ドローン | 実証実験 | 人工知能


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.