オートモーティブワールド 2018 特集
ニュース
» 2018年01月17日 17時00分 公開

オートモーティブワールド2018:仮想化なしで次世代と現行のAUTOSAR混在環境が可能に、オーバスが開発中

デンソー子会社のオーバスは、「オートモーティブワールド2018」において、次世代AUTOSARであるAUTOSAR Adaptive Platform(AP)に対応するOS「AUBIST Adaptive OS POSIX」のデモンストレーションを披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 デンソー子会社のオーバスは、「オートモーティブワールド2018」(2018年1月17〜19日、東京ビッグサイト)において、次世代AUTOSARであるAUTOSAR Adaptive Platform(AP)に対応するOS「AUBIST Adaptive OS POSIX」のデモンストレーションを披露した。

 車載ソフトウェアの標準規格であるAUTOSARでは、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転システムに用いるインテリジェントECU向けの次世代規格としてAUTOSAR APを策定している。AUTOSAR APは、マルチコアやメニーコアといった高性能CPUや、GPUやFPGAなどと組み合わせたヘテロジニアス構成への対応、POSIXベースであることなどが求められる。AUBIST Adaptive OS POSIXは、2017年10月に発表された最新リリース(17-10)をベースに開発された。

「AUBIST Adaptive OS POSIX」の概要 「AUBIST Adaptive OS POSIX」の概要(クリックで拡大) 出典:オーバス

 ベースになっているのはイーソルのメニーコア対応のリアルタイムOS「eMCOS」だ。分散型マイクロカーネルアーキテクチャにより、コア間通信を含むメッセージパッシング、コアローカルスケジューリング、複数のコアをクラスタ化するグループ化などが可能になっている。AUBIST Adaptive OS POSIXでは、これらのeMCOSの特徴を活用しつつ、リアルタイム性の確保など車載要件を満たすような最適化を施している。

 興味深い特徴となっているのが、AUTOSAR APとともに、車載マイコンを用いる制御系システム向けの従来のAUTOSARであるAUTOSAR Classic Platform(CP)と混在したシステムの開発が容易なことだ。一般的には、AUTOSAR APとAUTOSAR CPを混在させるにはハイパーバイザーなどの仮想化技術を用いる必要がある。一方、オーバスが開発しているAUTOSAR CP向けのOSは、AUBIST Adaptive OS POSIXと同様にeMCOSと同じアーキテクチャを採用している。このため、eMCOSでコア間通信を実現するメッセージパッシングを用いれば、仮想化技術を使わなくてもAUTOSAR APとAUTOSAR CPを混在させられる。混在環境におけるリアルタイム性の確保も可能になるという。

「AUBIST Adaptive OS POSIX」の特徴 「AUBIST Adaptive OS POSIX」の特徴(クリックで拡大) 出典:オーバス

 展示では、AUTOSAR APの最新リリースの動作試験用レファレンスに指定されている、GPSシミュレーターを搭載するECUからの通信をイーサネット経由で受信するデモンストレーションを披露した。「レファレンスでは組み込みLinuxが用いられているが、AUBIST Adaptive OS POSIXでも問題なく動作している。今後は、AUTOSAR CPのBSWに相当するファウンデーションやサービスなどの開発も進めていきたい」(オーバスの説明員)という。

「AUBIST Adaptive OS POSIX」のデモ 「AUBIST Adaptive OS POSIX」のデモ。ルネサス エレクトロニクスの「R-Car H3」の評価ボードを2台使って、GPSシミュレーターからのデータの送信と受信を行っている。送受信の様子は液晶ディスプレイ画面左側にある「Tera Term」の2つの画面で確認できる(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.