ニュース
» 2018年01月18日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:大手エンジニアリング企業2社、企業価値向上を目指し包括連携契約を締結

東洋エンジニアリングと新日鉄住金エンジニアリングは、両社の競争力強化を目指して相互に連携するため、包括連携契約を締結した。

[MONOist]

 東洋エンジニアリングと新日鉄住金エンジニアリングは2017年12月27日、両社の競争力強化を目指して相互に連携するため、包括連携契約を締結したことを発表した。

 同契約によって両社は、国内外での事業連携や新規事業の開拓および調達分野での協力、相互のエンジニアリングノウハウの供与、人材面での協力などを通じ、両社の企業価値向上が期待できる事業や案件などで協業していく。

 契約期間は同年12月27日から3年間。今後、両社メンバーで構成する「連携推進委員会」を設置し、具体的な協業案件を掘り起こしていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.