ニュース
» 2018年01月23日 15時00分 公開

医療機器ニュース:動作意思だけで機器操作ができるサイバニックインタフェース

サイバーダインは、新しいサイバニックインタフェース「Cyin(サイン)」を発表した。今春発売する「Cyin福祉用」は、人の動作意思を生体電位信号として検出し、身体を全く動かせない状態でも機器の操作や意思伝達を可能にする。

[MONOist]

 サイバーダインは2018年1月9日、サイバニクス技術による新しいサイバニックインタフェース「Cyin(サイン)」を発表した。今春には、「Cyin福祉用」の国内販売を開始する。Cyin福祉用は、発話や身体動作が著しく困難な人のコミュニケーションや能動的活動を支援するデバイスで、希望小売価格は60万円(税別、設置調整費用や指導料は含まない)。

 サイバニクスは、脳神経科学、行動科学、ロボット工学、生理学などを融合した新しい研究分野だ。同分野の知見、技術を生かしたCyin福祉用は、人が動作意思を発揮した際に脳から筋肉へ送られる微弱な信号を「生体電位信号」として、身体のさまざまな部位から検出する。

 これにより、自らの意思で身体を全く動かせない状態でも、微弱な生体電位信号を入力信号として活用でき、Cyin福祉用本体やPCなどの出力装置を介して意思伝達をしたり、ナースコールをしたりとさまざまな機器の操作が可能になる。

 同機器は入力ポート、出力ポートを各8個持ち、複数の部位の生体電位信号を同時に利用して、機器の複雑な操作や複数機器の操作ができる。また、センサーなどの入力装置やPCなどの出力装置と組み合わせることもできる。例えば、音声読み上げ装置と組み合わせれば、目を閉じたままでの意思伝達が可能になるなど、使用者の身体状況やニーズに応じて柔軟に構成できる。

 本体は手のひらサイズで重量も軽く、外出時にそのまま携帯して使用できる。充電は、置くだけのワイヤレス方式を採用している。

 なお「重度障害者用意思伝達装置」は、障害者総合支援法の補装具費支給制度の対象となっており、自治体の判定によって補装具費が支給される。

 これまで重度の疾患によって発話や身体動作が著しく困難な人には、透明文字盤や各種スイッチ、視線入力装置などを用いた意思伝達方法が使われてきた。しかし、これらは介助者の負担や機器を操作する人の身体的負担があるほか、病状の進行により機器操作が困難になった際の対応、意思伝達の精度などの面で多くの課題があった。

photo 製品イメージ図(クリックで拡大) 出典:サイバーダイン
photo 製品イメージ図(クリックで拡大) 出典:サイバーダイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.