ニュース
» 2018年01月24日 12時00分 公開

オートモーティブメルマガ 編集後記:普及するのは「便利だから」、Uberを使って分かったこと

小心者の1人旅には、安心感も大きなメリットでした。

[齊藤由希,MONOist]

この記事は、2018年1月24日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


普及するのは「便利だから」、Uberを使って分かったこと

Uber初体験(クリックして拡大)

 CES取材のため、ラスベガスまで行ってきました。初めて1人で海外に渡航するので、緊張し通しでした。ちゃんと入国審査を通れるか、ホテルまでたどり着けるか、そもそも自分の英語は本当に通じるのか……というレベルから心配なのです。

 そんな小心者なので、空港から大きなスーツケースを引きずって1人でバスに乗るのも不安です。数字にめっぽう弱くてチップをスムーズに暗算できるかも怪しいので、タクシーに乗るのも気が重い。また、治安の良いラスベガスとはいえ、夜にバス停でバスを待ったり公共交通機関に乗ったりするのも少し怖いというヘタレっぷりです。「せっかくのアメリカだ、配車サービスだ」ということで、Uber(ウーバー)を頼ってみました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.