特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2018年01月25日 11時00分 公開

製造業×IoT キーマンインタビュー:LIXILが250個のセンサーを設置したIoTハウスで見据える、スマートホームの将来像 (2/3)

[朴尚洙,MONOist]

住空間の快適な制御は「パッシブファースト」がコンセプト

三原氏 初代のU2-Homeではレベル2までの実証実験を行っていたが、レベル3についての実証実験を始めるため、2016年にLIXIL本店(東京都江東区)のすぐそばに作ったのがU2-Home IIだ。築15年の既設住宅をベースに、LIXILの建材や住設機器を取り入れるとともに、取得したデータのクラウド連携も行っており、より「IoTハウス」といえるものになった。例えば、住宅の外側に設置した複数のカメラを用いる「全周囲モニター」は、初代と比べるとより本格的なものになっている。

「U<sup>2</sup>-Home」の「全周囲モニター」 「U2-Home」の「全周囲モニター」。不審者が周囲に近づいたときに警告を出すとともに、現在の住宅の周囲の状態を画面に映し出す。連携動作により窓のシャッターも閉まる(クリックで拡大)

 U2-Home IIには、LIXILの製品を入れるだけでなく、さまざまなメーカーの家電製品や機器を導入するとともに、250以上のセンサーを設置している。LIXILのモノだけつながっても仕方がないわけで、色んなモノとつながって連携できる必要がある。

「U△△2△△-Home」の中の様子「U△△2△△-Home」の中の様子「U△△2△△-Home」の中の様子 「U2-Home」の中の様子。左から、居間、台所、玄関(クリックで拡大)

 また、レベル2に含まれる住空間の快適な制御では「パッシブファースト」がコンセプトになっている。独自に定めた「快適指標」をゼロに近づけることで快適になるようにするのだが、そのときに、風を住宅内に効果的に取り込むウインドキャッチや、空気を逃がしやすい窓の開け方によって実現する。当社は窓も扱っており、電気仕掛けだけではないやり方も検討している。

250以上のセンサーにより「U<sup>2</sup>-Home」内の状態が一目で分かるようになっている 250以上のセンサーにより「U2-Home」内の状態が一目で分かるようになっている。各部屋に緑色で表示されているのが快適指数だ(クリックで拡大)

 住空間の快適な制御で重要な役割を果たすエアコンについては、リモコンを使わないようになっている。エアコン単体の場合、エアコンに組み込んだセンサーで制御を行うが、U2-Home IIでは、住宅内に設置したセンサーデータやビッグデータを基に、快適指標をゼロにするように自動で動く。まさに「おうちが判断する」わけだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.