ニュース
» 2018年01月29日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:数分でムラなく食品の自動解凍が可能に、家電メーカー向けレファレンスデザイン

NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。設計済みの同レファレンスデザインを搭載することで、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。

[MONOist]

 NXPセミコンダクターズは2018年1月10日、冷凍食品を高速、安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。

 冷凍食品を解凍する場合、自然解凍や湯煎、電子レンジによる従来の方法では、解凍に時間を要するばかりでなく、解凍ムラの発生や細菌増殖による安全性の問題があった。

 今回発表したレファレンスデザインは、同社のコンポーネントを搭載した小型RFエネルギーコントローラーモジュール、スマートチューニングユニット(STU)、電極、遮蔽キャビティ、レファレンス電源ユニット(PSU)で構成される。解凍プロセスにおけるオペレーションをリアルタイムに監視・調整し、効率的なエネルギー伝導を可能にするもので、肉や魚、果物、野菜などの食品をわずか数分で解凍し、解凍ムラや細菌の発生リスクを抑える。

 同レファレンスデザインは設計済みのサブシステムソリューションのため、この機能を搭載することで、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。OEM企業へは、NXPからのライセンスまたは同社アセンブリパートナーからのサブシステムアセンブリ購入を通して提供する。2018年第1四半期に一部を対象に提供し、同年第2四半期には全般的に提供開始する予定だ。

photo 冷凍食品自動解凍レファレンスデザイン(クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.