ニュース
» 2018年01月31日 07時00分 公開

FAニュース:最高200mm/秒の高速化を実現、高頻度運転が可能なスピードジャッキ

椿本チエインが「リニスピードジャッキ」の新モデルを発売した。最高200mm/秒と高速運転が可能で、ボールナットをギヤに内蔵した新開発構造により、従来品比で47%の低床化が図られている。

[MONOist]

 椿本チエインは2018年1月10日、高速、高頻度運転が可能で、従来品から約50%低床化した「リニスピードジャッキ」を発売した。同社では、2018年度に1億2000万円、2020年度には3億円の販売を目指す。

 創業100周年記念モデルとなるリニスピードジャッキは、許容推力30kNの「SJ030H」と50kNの「SJ050H」の2サイズがあり、ストローク100〜1500mmまで対応する。

 これまでのジャッキの運転速度が120mm/秒であるのに対し、新モデルは従来よりも小型サイズながら、最高200mm/秒と高速領域に対応する。

 また、ボールナットをギヤに内蔵した新開発構造を採用したことで、ボールナットがギヤの上に配置された構造の従来品と比較して47%低床化した。縦方向の省スペース化に貢献する。

 さらに、許容負荷時間率(一定の運転サイクル内での運転時間の割合)が従来の上限30%EDから最大100%EDに向上。高速運転と高頻度運転の両立が可能なので、従来のジャッキを使った場合に比べ、装置の高頻度化が5倍以上になる。

 近年、IT関連製造装置や自動車製造ラインなどで駆動部のサーボモーター化が進んでいる。それに伴い、ジャッキ分野においてもサーボ駆動に対応する高速、高頻度運転のニーズが高まっているが、従来のジャッキでは対応が難しかった。

photo リニスピードジャッキ 出典:椿本チエイン
photo 最高200mm/秒の高速運転 出典:椿本チエイン
photo 従来品と比較して47%低床化 出典:椿本チエイン

関連キーワード

FA | 製造装置 | FAニュース | 製造ライン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.