特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年02月01日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:「モノ」から「コト」への最初の一歩、サービス部門のテコ入れからいかが?

できるところから始めてみませんか。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2018年2月1日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

モノ」から「コト」への最初の一歩、サービス部門のテコ入れからいかが?

 製造業におけるIoTによるビジネス変革が着実に進んでいます。MONOistでは新年展望連載企画を2017年から始めていますが、2018年の展望でも、IoTの活用において課題解決が進み、実ビジネスレベルの成功事例が増えると予測しています(※)

(※)連載「MONOist 新年展望

 こうした中で特に日本の製造業において、遅れが指摘されているのが、IoTを自社製品に活用して取得するデータをもとにサービス化などを進める動きです。製造業において「モノ売り」から「コト売り」へのシフトを行うもので、デジタルトランスフォーメーション(DX)などビジネスモデルの変革につながるものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.