ニュース
» 2018年02月02日 10時00分 公開

FAニュース:汎用性と搭載能力を備えた万能型表面実装機

ヤマハ発動機は、幅広い生産形態に対応可能な汎用性と、高い搭載能力を両立した万能型表面実装機「Z:LEX YSM20R」を2018年4月1日に発売する。1種類のヘッドで超小型チップ部品から大型部品まで対応し、9万5000CPHの搭載能力を発揮する。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2018年1月11日、幅広い生産形態に対応可能な汎用性と、高い搭載能力を両立した万能型表面実装機「Z:LEX(ジーレックス)」シリーズの上級モデル「Z:LEX YSM20R」を同年4月1日から発売すると発表した。1年間に900台の販売を目指す。

 YSM20Rは、1種類のヘッドで超小型チップ部品から大型部品まで対応できる「1ヘッドソリューション」だ。XY軸の高速化や吸着から装着までの動作を見直し、従来機「YSM20」と比べて約5%高速化。9万5000CPHの搭載能力を発揮する。

 また、ヘッドのワイドスキャンカメラの性能を向上させ、高速搭載の対応部品サイズを8mmから12mmへと拡大した。サイド照明の採用により、CSP(Chip Scale Package)、BGA(Ball Grid Array)などのボール電極部品を高速に認識。実生産での能力が向上した。0201(0.25×0.125mm)サイズ超小型チップ部品にも対応する。

 さらに、マシンを停止することなく、テープを挿すだけでテープ部品を補給できるALF(Auto Loading Feeder)を新開発。センターオープン方式により、けばや剥離帯電による吸着ミスを低減した。作業性を考慮した独自のテープセット機構や、フィーダー2リール分が一度にセットできる機構などにより、使い勝手が向上している。さらに、ALFによりスプライシングレスを実現し、稼働率を高めた。

 他にも、30段固定式の自動交換式トレイ部品供給装置「sATS30」に、自動運転を継続したまま空パレットを排出し、新しいパレットの供給が可能な機能を追加した。加えて、台車の着脱時の開口部分に吸着部の開閉シャッター式カバーを設置。台車を外すと自動でシャッターが閉じ、マシンを停めずに台車を交換できる。

photo ハイエンド高効率モジュラー「Z:LEX YSM20R」 出典:ヤマハ発動機

関連キーワード

ヤマハ発動機 | FA | FAニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.