ニュース
» 2018年02月07日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:国内産業用ネットワーク機器市場予測、高成長率で2022年には224億円規模に

IDC Japanは、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表した。2017〜2022年は年間平均成長率21.4%で成長し、2022年には224億円規模になると予測している。

[MONOist]

 IDC Japanは2018年1月23日、国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測を発表した。同市場の予測を発表するのは今回が初めて。報告によると、2017〜2022年の年間平均成長率は21.4%と予測し、成長率の高い市場だと見ている。

 産業用ネットワーク機器市場は新しい市場ではないものの、IoT(モノのインターネット)の活用によって関心が高まっているという。ネットワークに接続されていない「グリーンフィールド」が多く残っており、成長の余地は大きいとしている。2017年の市場規模は85億円だが、一般用企業向けネットワーク機器市場の成長率がほぼ横ばいであるのに対し、同市場は2022年には224億円規模になると予測する。

 製品セグメント別の予測では、2017〜2022年の年間平均成長率は、産業用イーサネットスイッチが15.0%、産業用ルーターが57.6%、産業用無線LAN機器が65.6%。2017年の市場規模では産業用イーサネットスイッチがほとんどを占めるが、今後より高度で可動性の高い産業用ネットワークの導入が進むと、産業用ルーターと無線LANアクセスポイント市場も本格化すると見ている。

 IDC Japanでは、「産業用ネットワーク機器市場に未参入の企業向けネットワーク機器ベンダーは、数少ない成長市場として積極的に参入を検討すべき」だと言及。まず、防水防塵性能の強化やDINレール対応など、新筐体の開発を勧めている。

photo 国内産業用ネットワーク機器市場 売上額予測、2017〜2022年(産業用イーサネットスイッチ、産業用ルーター、産業用無線LANアクセスポイントの合計値。折れ線は前年比成長率) 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.