ニュース
» 2018年02月14日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:APIプロバイダーと利用企業をつなぐマーケットプレースの提供を開始

KDDIがAPIマーケットプレース「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始した。APIを利用してサービス開発したい企業が、自社開発や個別に外部のAPIを探すことなく、多様なAPIラインアップの中から選択して活用できる。

[MONOist]

 KDDIは2018年1月30日、新たなIoT(モノのインターネット)サービスの創出を促進する「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始した。利用料金は、APIプロバイダーが年間登録料2万5000円(API商品単位)とAPIマーケット手数料(売上高に応じた手数料率を設定)、API利用者はAPIプロバイダーが設定した各種料金が必要となる。

 KDDI IoTクラウド API Marketは、データやサービスをAPIで提供するAPIプロバイダーと、さまざまなAPIを利用して新サービスを開発したい企業をつなぐAPIのマーケットプレース。同サービスを利用することで、これまで自社開発や個別に外部のAPIを探すなどしてサービス開発していたところを、多様なAPIラインアップの中から選択して活用できるようになる。また、APIプロバイダーおよびAPI利用者は同サービスの料金システムを通じて一元的な請求、支払が可能になる。

 利用例として、自社のスマートウォッチから収集した活動量のデータと、同サービスにある食事画像認識APIで収集した摂取エネルギーや栄養素の記録データから、その日の活動量に応じたカロリーの食事を提案するサービスを開発する、などが挙がっている。

 提供予定のAPIは9分類で60以上(2018年1月29日時点)。例えば「ヘルスケア」分類では、疾病予測やカロリーチェック、「地図情報」では路線や駅名のデータサービスなど。他にも「音声合成」や「画像認識」など各種APIがラインアップされている。

photo (クリックで拡大) 出典:KDDI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.