連載
» 2018年02月16日 14時00分 公開

海外医療技術トレンド(32):バルト・北欧諸国でつながるヘルスデータ改革の波と持続可能な開発目標「SDGs」 (1/3)

ICTや健康医療・介護福祉の先進国が集中するバルト・北欧諸国は、ヘルスデータ交換基盤の標準化・共通基盤化でも、世界をけん引している。日本でも取り組みが始まった、持続可能な開発目標(SDGs)でも先行している。

[笹原英司,MONOist]

北欧・バルト諸国の連携がベースなったEUのデジタルヘルス社会宣言

 本連載第30回で、社会課題解決型デジタルヘルスに取組むエストニアを取り上げたが、同国とラトビア、リトアニアを合わせたバルト3国は、北欧諸国(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランド)と、政治・経済・文化面で連携してきた。

 2017年4月25日、ノルウェーのオスロで、「北欧・バルト諸国デジタル化閣僚会議」(関連情報)が開催され、図1のような「デジタルノース宣言」が採択された。

図1 図1 北欧・バルト諸国デジタル化閣僚会議で採択された「デジタルノース宣言」 出典:Nordic-Baltic Ministerial Conference on Digitalisation「Ministerial Declaration」(2017年4月25日)

 デジタルノース宣言では、北欧・バルト諸国地域をデジタル化のフロントランナーにするために、以下のような目標を掲げている。

  1. パブリックセクターにおける国境を越えたデジタルサービスの共通領域を創ることによって、政府と社会のデジタルトランスフォーメーションのための能力を強化する
  2. デジタル化を通じて、企業の競争力を強化する
  3. 北欧・バルト諸国地域におけるデジタルシングルマーケットを強化する

 2017年下半期のEU理事会議長国を務めたエストニア政府は、このデジタルノース宣言を踏まえた上で、「デジタルヘルス社会(DHS)宣言」(関連情報)などの具体的な政策提言を行っている。

 また、デジタルヘルス機器/サービスにおける相互運用性に関して、北欧諸国は、コンティニュア・ヘルス・アライアンス/パーソナル・コネクテッド・ヘルス・アライアンスを実質的な統一標準規格として採用してきた。さらに、北欧・バルト諸国間では、図2に示す通り、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、エストニア、リトアニアを結ぶ医療情報ネットワークが構築され、国境を越えたデータ交換が可能な環境が整備されてきた(関連情報、PDFファイル)。

図2 図2 バルチック・ヘルスネットワークの全体像 出典:MedCom「IT brings the Danish health sector together

 現在、フィンランドとエストニアの間で、患者データを交換するネットワーク構築プロジェクトを計画中だ(関連情報)。2018年2月7日には、フィンランド住民登録センターの「Suomi.fi」とエストニア国家情報システム庁の「X-Road」が、データ交換層(DXL)でのネットワーク接続を開始している(関連情報)。

関連キーワード

北欧 | 医療 | エストニア | 医療技術


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

公式SNS