ニュース
» 2018年02月16日 08時00分 公開

ロボット開発ニュース:ロボット芝刈機を使って芝生整備、Jリーグ競技場で省人化効果を検証

Jリーグ加盟のガイナーレ鳥取が使用するチュウブYAJINスタジアムなどにロボット芝刈機「Miimo HRM520」を導入し、芝生の維持・管理に用いて省人化や低コスト化につながるかを検証する。

[MONOist]

 ホンダは2018年2月1日、Jリーグ加盟のガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取による芝生生産事業「Shibaull」に、プロジェクトパートナーとして協力すると発表した。

 ロボット芝刈機「Miimo HRM520」を、販売会社であるホンダパワープロダクツジャパンがSC鳥取に同年1月から貸与する。Miimoの稼働範囲の設定に必要となるエリアワイヤーを芝生利用地に設置する作業や、メンテナンスなども担当する。

 ガイナーレ鳥取が使用するチュウブYAJINスタジアムなどの芝生の維持・管理にMiimoを用い、省人化や低コスト化につながるかを検証する考えだ。

photo ロボット芝刈機「Miimo」 出典:ホンダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.