ニュース
» 2018年02月21日 07時00分 公開

工場ニュース:インドの冷蔵庫工場が生産開始、家電市場の高成長に対応

インド北部にあるパナソニックの製造拠点「パナソニック・テクノパーク」が、2018年3月からインド市場向け冷蔵庫の生産を開始する。高成長が続くと見込まれるインドの家電市場において、現地適格の商品を迅速に投入し、家電事業の拡大を図る。

[MONOist]

 パナソニックは2018年2月5日、インド北部の製造拠点「パナソニック・テクノパーク」内で建設を進めていた冷蔵庫工場について、インド市場向け冷蔵庫の生産を同年3月から開始すると発表した。

 新工場では、インドで今後需要の増加が見込まれる300〜350Lの容量帯の冷蔵庫を生産する。インバーター技術の採用により省エネ性に優れた冷蔵庫は、生活リズムに合わせた自動制御で省エネを可能にする「エコナビ」や、庫内を清潔に保つ「Agクリーンフィルター」を搭載。デザイン性も追求し、光沢のあるフルフラットドアや、「エコナビ」の運転状況を通知する表示パネルなどを採用している。

 またインドの食生活に合わせて、多くのスパイスを収納できる「ビッグドアポケット」や、野菜の鮮度を保てる「フレッシュセーフ野菜ケース」を備える。鍋で煮沸した牛乳を冷蔵庫で保存するインドの習慣を踏まえ、牛乳鍋が丸ごと入るクールスペースも設けている。

 インドの家電市場は高い成長が続くと見込まれている。また、製造業を軸に経済成長を推進する産業政策「Make in India」により、同国内への製造拠点の誘致が進められている。パナソニック・テクノパークでは、2013年からエアコンや洗濯機の生産を開始しており、今回の冷蔵庫生産はそれに続くものだ。

 同社では、今後もインドにおいて現地の生活を研究し、現地に適した製品を迅速に市場投入することで家電事業の拡大を図るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.