ニュース
» 2018年02月21日 07時00分 公開

ジュネーブモーターショー2018:レクサスの新型クロスオーバー「UX」を世界初公開、コンセプトはどこまで継承?

トヨタ自動車は「ジュネーブモーターショー 2018」において、レクサスブランドの新型クロスオーバー「UX」を世界初披露する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2018年2月20日、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6〜7日、一般公開日:2018年3月8〜18日)において、レクサスブランドの新型クロスオーバー「UX」を世界初披露すると発表した。

ジュネーブモーターショーで披露する新型クロスオーバー「UX」(左)。2016年に発表したクロスオーバーSUVタイプのコンセプトカー「UX Concept」のリアビュー(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 2016年のパリモーターショーでは、同名のクロスオーバーSUVタイプのコンセプトカー「UX Concept」が披露されている。UX Conceptは外形寸法が全長4400×全幅1900×全高1520mmで、レクサス「NX」と比較して全長が240mm短く、全高が125mm低い。全幅はほぼ同等だ。

 UX Conceptは低めの車高とクーペのようなドライビングポジションによって、コンパクトなボディーでありながらダイナミックな走りを予感させる革新的なパッケージを実現したという。運転席は人間工学に基づいたドライバー主体のデザイン構造や、ホログラム等のヒューマンマシンインタフェース技術を採用。後部座席はソフトな印象でくつろげるようにした。キャビン中心を縦に貫くコンソールや室内配色で、前後席空間の違いを際立たせた。負担を軽減するクモの巣状のシートなども提案するコンセプトモデルだった。

同名のコンセプトカー「UX Concept」の外観(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
「UX Concept」の内装(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

公式SNS