ニュース
» 2018年02月22日 09時00分 公開

製造ITニュース:生産管理システムの図面管理を簡便化する連携オプションを発売

テクノアは、同社の中小企業向け生産管理システム「TECHS-BK」を、枚岡合金工具のファイル管理システム「デジタルドルフィンズ」と連携させる「図面管理連携オプション」を発表した。

[MONOist]

 テクノアは2018年2月15日、同社の中小企業向け生産管理システム「TECHS-BK」を、枚岡合金工具のファイル管理システム「デジタルドルフィンズ」と連携させる「図面管理連携オプション」を発売した。

 デジタルドルフィンズは、中小製造業向けに開発された電子ファイリングシステムだ。製造現場で使用する図面や書類を電子化することで、それらを検索する時間や受け渡しの手間、書類の保管場所を削減する。

 今回発売するオプションと連携すれば、TECHS-BKから発行した作業指示書と関連する図面などを同時にスキャンするだけで、デジタルドルフィンズ内でTECHS-BKとのリンク情報を含んだファイルとして登録できる。

 TECHS-BKからは、売上管理画面や作業指示画面など50種以上からデジタルドルフィンズ内にある関連データをクリック1つで参照できる。例えば、部品手配内容を見ながら対象図面を参照したり、受発注内容を確認しながら契約内容を参照したりできるようになる。

 同オプションは、TECHS-BKで発行した作業指示書のQRコードをスキャンするだけで、参照用タブレットに図面を表示する。そのため、PCなどが設置できない製造現場でも活用が可能だ。

photo 「図面管理連携オプション」のイメージ(クリックで拡大) 出典:テクノア
photo 活用イメージ(クリックで拡大) 出典:テクノア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.