ニュース
» 2018年02月23日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:国内3Dプリンティング市場は2017年にプラス成長へ、2021年には450億円規模に

IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2016年の実績と2017〜2021年の予測を発表した。2016年はマイナス成長だったが、2016〜2021年の年間平均成長率を10.6%、2021年の市場規模を450億円と予測している。

[MONOist]

 IDC Japanは2018年2月7日、国内3Dプリンティング市場の2016年の実績と2017〜2021年の予測を発表した。2016年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は272億円で前年比5.2%のマイナスだったが、2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR)を10.6%、2021年の市場規模を450億円と予測している。

 国内3Dプリンティング市場は、3Dプリンタ本体市場、3Dプリンティングサービス市場、造形材料市場とで構成されている。2016年の3Dプリンタ本体の売上額は115億円で、2015年に続き19.0%のマイナス成長だった。3Dプリンティングサービスの売上額は100億円(前年比成長率+7.4%)、造形材料は57億円(同+9.4%)と増加したが、市場全体としてはマイナス成長となった。

 しかし、3Dプリンティング市場は2017年にはプラスに転じ、2021年まで成長が続くとし、3Dプリンタ本体市場のCAGRは7.0%、2021年には161億円の規模になると予測。新しい造形技術や造形材料の開発が進み、これまで3Dプリンティングが利用されていなかった分野での活用が期待されるため、3Dプリンティングサービス市場(CAGR6.9%、2021年の売上額140億円)と造形材料市場(CAGR21.0%、2021年の売上額149億円)も引き続き成長すると見込んでいる。

 2016年の産業分野別の占有率実績では製造業が76.8%、医療分野が3.7%、教育分野が2.3%で、2016〜2021年のCAGRは製造業が10.7%、医療分野が18.5%、教育分野が13.6%と高い成長率を予測しており、2021年においても国内市場の大部分を占めるとみている。

photo 2016〜2021年の売上額実績および予測 出典:IDC Japan
photo 2016〜2021年の産業分野別売上額実績および予測出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.