ニュース
» 2018年02月26日 07時00分 公開

FAニュース:多品種少量生産の完全無人化に対応する同時5軸制御横形FMS

キタムラ機械は、無人化対応の同時5軸制御横形FMS「SUPERCELL HX300G」を発売した。長時間加工でも位置決め精度±0.002mm、繰り返し精度±0.001mm、割り出し精度4秒の高精度加工が可能になった。

[MONOist]

 キタムラ機械は2018年2月14日、無人化に対応する同時5軸制御横形FMS(フレキシブル生産システム)「SUPERCELL(スーパーセル)HX300G」を発売した。72時間にわたって無人化運転と多品種少量生産ができる「Mycenter-H300Supercell」の最新版となる。

 SUPERCELL HX300Gは、アイコン表示のタッチパネル操作が行える独自開発のCNC装置「Arumatik-Mi」を搭載する。また、最高毎分2万回転の高剛性主軸、高速・高追従性を備えるA/C軸トラニオン構造を採用。オプションで40および60パレットの自動パレットチェンジャーを搭載した。複雑形状加工は最大φ200mmまでのワークサイズに対応し、切削能力は従来比24%向上、サイクルタイムは従来比30%短縮している。

 標準で、独自の熱変位補正システム(IAC)と高精度・高分解能リニアスケールフィードバック、軸芯冷却装置を装備し、長時間加工でも位置決め精度±0.002mm、繰り返し精度±0.001mm、割り出し精度4秒の高精度加工が可能になった。1回の段取りで取り付け面以外の全面切削をするため、量産加工の自動化や多品種少量生産の完全無人化に対応する。

 併せて、IoT(モノのインターネット)対応の生産管理システム「Anywhere-Remote(エニウェアリモート)」も搭載。19インチのマルチタッチパネルには高解像度CCDカメラ、マイク、スピーカーを採用しており、インターネットと機械を単体で接続し、世界中どこからでも稼働状況を把握できる。

 インターネットを介して作業者と会話することも可能で、加工現場の状況を把握し、生産スケジュールなども管理できるとしている。

photo 同時5軸制御横形FMS「SUPERCELL HX300G」(クリックで拡大) 出典:キタムラ機械

関連キーワード

切削加工 | IoT | FAニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.