ニュース
» 2018年02月26日 08時00分 公開

人工知能ニュース:既存のシステムやゲートと連携し、顔認証による解錠ができる製品を発売

NECは、既存の入退場ゲートやドアに設置することで顔認証による解錠ができる「NeoFace Access Control」の販売を開始した。さまざまな入退管理システムやゲートと連携できるため、システムやゲートを置き換える必要がない。

[MONOist]
photo 「NeoFace Access Control」 出典:NEC

 NECは2018年2月7日、既存の入退場ゲートやドアに設置することで、顔認証による解錠ができる「NeoFace Access Control」を発売した。価格は120万円(税別)。

 NeoFace Access Controlは、同社の顔認証AI(人工知能)エンジン「NeoFace」や顔認証用カメラ、CPUボードなどを専用のハードウェアに組み込み、ワンパッケージ化した製品だ。

 外気温45℃での運用、防塵、防滴などの耐環境性により、半屋外に導入可能。本体にはカードリーダーが付属し、顔とICカードを組み合わせた二要素認証にも対応。ICカードの貸し借り、盗難などのなりすましによる不正入退を抑止できる。

 データは1台に約5000人分登録でき、本体自体にデータベースを保持しているため1台のみでも運用可能。データベース管理サーバと連携させれば、約1万人分のデータ登録や管理、また多数台での運用ができる。

 APIの提供により、さまざまな入退管理システムやゲートと連携できるため、システムやゲートを置き換える必要がなく、既存のものに連携させれば顔認証による解錠ができる。

photo 利用イメージ(クリックで拡大) 出典:NEC

 また、パートナー企業と顔認証関連製品と連携した新たなソリューションを創出、提供することを目的とした「ソリューション開発プログラム/顔認証」を本製品に追加。日本ハルコンなどのパートナー企業との協業をさらに強化していくとしている。

 なお、NeoFace Access Controlは、「SECURITY SHOW 2018」および「リテールテックJAPAN 2018」(東京ビッグサイト、2018年3月6〜9日)で披露される予定だ。

関連キーワード

顔認証 | NEC(日本電気) | 人工知能


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.