ニュース
» 2018年02月28日 09時00分 公開

製造ITニュース:工場内ネットワークの不正通信を早期発見できる監視サービス

安川情報システムは、トレンドマイクロのネットワークセンシング技術を搭載した、工場向けの不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」を発売した。

[MONOist]

 安川情報システムは2018年1月16日、トレンドマイクロのネットワークセンシング技術を搭載した、工場向けの不正通信検知サービス「MMsmartSecurity FS-Eye」を発売した。

 トレンドマイクロのネットワークセンシング技術は、発見が困難な標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃をネットワーク上の振る舞いから検知することで、それらの攻撃に対して早期に対応し、被害を最小限にする。工場内の既存のネットワーク通信に影響を与えずに監視できるという特徴も持つ。

 MMsmartSecurity FS-Eyeは、工場内に監視用のエッジPCを設置し、クラウド上からトレンドマイクロの技術によって制御ネットワークのセキュリティを常時監視する。不正な通信を検知した場合は、ネットワーク管理者にメールまたは電話で通知する。

 同サービスは、閉域網を用いることでセキュリティを高めている。また、エッジPCが故障しても工場のネットワークに影響を及ぼさないようになっているなど、既存のネットワークに配慮した設計となっている。

photo 出典:安川情報システム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.