ニュース
» 2018年02月28日 08時00分 公開

ロボット開発ニュース:自律走行と清掃機能を強化した清掃ロボットの新モデル、2018年3月に発売

CYBERDYNEは、サイバニクス技術で自律走行と高い清掃能力を持たせた次世代型清掃ロボットの新モデル「CL02」を2018年3月から販売する。

[MONOist]

 CYBERDYNEは2018年2月15日、サイバニクス技術を活用して自律走行と清掃の機能を持たせた次世代型清掃ロボットの新モデル「CL02」を同年3月から販売すると発表した。従来モデルよりも自律走行を高速化し、1度の充電でより広いエリアを清掃できるようになった。

photo 清掃ロボット「CL02」 出典:CYBERDYNE

 CL02は、建物内部の形状と清掃経路を高精度で認識して記憶する。磁気テープやマーカーなどの誘導線がなくても自律走行可能だ。また、事前に人が経路を指定する方法に加え、ロボットが清掃経路を自動生成する方法も選べるようになっている。

 安全面も改善を図った。3Dカメラでロボットの進行方向にある障害物を立体的に検出し、安全に一時停止する機能を追加した。

 さらに、清掃計画の策定に役立てることができるよう、清掃後に清掃エリアのごみ分布マップを確認して作業結果を可視化する機能も搭載した。

 CL02は、清掃エリアの広い建物や、複雑な形状の建物などの清掃にも幅広く対応できる。商業施設やオフィスビル、空港などの大型施設での導入を見込んでいる。

関連キーワード

掃除・清掃 | ロボット開発 | 3Dカメラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.