ニュース
» 2018年03月02日 14時00分 公開

ロボット開発ニュース:国内商用ロボティクス市場予測を発表、2021年に2兆1236億円規模に

IDC Japanは、ソリューションタイプ別の国内商用ロボティクス市場予測を発表した。2016〜2021年の年間平均成長率は18.3%、2021年の支出額は2兆1236億円になると予測する。

[MONOist]

 IDC Japanは2018年2月15日、ソリューションタイプ別の国内商用ロボティクス市場予測を発表した。2016〜2021年の年間平均成長率は18.3%で、2021年の支出額は2兆1236億円まで拡大すると予測している。

 調査では、ロボティクス市場を産業用ロボット、サービスロボット、エンタープライズドローンの3つのソリューションタイプで分析した。すでに産業界で活用が進んでいる産業用ロボットは、引き続き国内商用ロボティクス市場をけん引。AI(人工知能)を活用したインテリジェント化も本格化している。2018年以降も同市場をけん引し、2021年の国内産業用ロボット市場の支出額は1兆4850億円に達する見込みだ。

 サービス業務で活用されるサービスロボットは、産業用ロボットよりも歴史が浅いが、2017年には業務効率化や省力化を目的とした病院や物流施設での無人搬送ロボットの実証実験が始まっている。これらの成果などによって2018年以降活用が進み、2021年には6120億円規模に拡大するとしている。

 エンタープライズドローンは、航空法や電波法の規制により飛行範囲が制限されているが、2017年に通信事業者によるドローンビジネス支援サービスが開始。2018年以降は業務効率化や省力化を目的に活用が本格化すると予測している。その結果、2021年には266億円に拡大すると見込んでいる。

photo 国内商用ロボティクス市場 支出額予測、2016〜2021年 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.