ニュース
» 2018年03月05日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:空調機から収集したデータを蓄積・共有する協創型プラットフォームを開発

ダイキン工業は、空気・空間にかかわる情報を蓄積する協創型プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」を開設した。パートナー企業と情報共有し、オフィスでの生産性向上や健康維持を目的としたデータ活用方法などを検討していく。

[MONOist]

 ダイキン工業は2018年2月21日、空気・空間にかかわる情報を蓄積・分析してパートナー企業と共有する協創型プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」を開設したと発表した。

 CRESNECTは、空調機を情報収集端末として利用。センサーやカメラから得られる温度や湿度、空間の明るさ、音、人の数や位置、動き方などの人や空間に関するデータを蓄積する。AI等で解析し、ダイキン工業が利用する他、パートナー企業とも共有する。オフィスでの生産性向上や健康維持を目的としたデータ活用方法、新たな価値・サービスの創出を検討していく。

 当面は、市場ニーズの高いオフィスビル空間を対象として展開していく計画だ。将来的には、店舗や高齢者施設、病院、教育施設などにも対象を広げ、さまざまな異業種企業と連携していくとしている。

photo 空気・空間のデータを活用した協創プラットフォーム「CRESNECT」 出典:ダイキン工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.