ニュース
» 2018年03月06日 14時00分 公開

CADニュース:BIM対応のクラウド型空調設計支援アプリケーションで業務の省力化を支援

ダイキン工業は、BIM対応のクラウド型空調設計支援アプリケーション「DAIKIN-BIMアプリケーション(仮称)」を発表した。人手不足が顕在化する建設業界で、空調機器関連業務の省力化を目指す。

[MONOist]

 ダイキン工業は2018年2月22日、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)対応のクラウド型空調設計支援アプリケーション「DAIKIN-BIMアプリケーション(仮称)」を発表した。建築設備業者向けに、同年7月より提供を開始する。

 建築設備設計で発生する空調関連の計算、選定、資料作成などの業務をクラウド上で自動化する。第1弾として、熱負荷計算、機器選定、機器表作成の機能を無償提供し、その後は冷媒配管選定や気流解析など、適用範囲を施工や運用維持管理まで拡大していく。

 併せて、建設業界向けの業務効率化ツールであるBIMへの対応も進める。BIM設計・施工用CADソフトとデータを連携させることで、これまでCAD作図とは別に作業していた空調設計・施工に関する業務をスムーズに行えるようにする。

 CAD連携として、まずNYKシステムズの建築設備CAD「Rebro」とダイキン工業の「FILDER Cube」を連携させる。これを基点に両社はCADソフト同士の互換性を高め、複数会社間でも正確かつ効率的にBIMデータのやりとりできるように協業を進める。

 建設業界では人手不足が顕在化し、設計者や施工者の負担が増加している。建築設備設計では、建築物の熱負荷計算や空調機器、冷媒配管の選定など、手入力や計算が多く、作業の省力化が課題となっていた。同社は、クラウド型のアプリケーションによる業務支援サービスを提供することで、空調機器関連業務の省力化を図る狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.