ニュース
» 2018年03月07日 08時00分 公開

CADニュース:子ども向け無償3Dアプリ「Apps for Kids」に新展開、“仮想の教室”でSTEAM教育

ダッソー・システムズ・ソリッドワークスは、現在βテストを行っている教育向けの3Dアプリケーション群「SOLIDWORKS Apps for Kids」の新たな展開として、教師向けのプラットフォーム「SOLIDWORKS Apps for Kids Classroom」を用意していることを明かした。2018年後半の正式リリースを目指しているという。

[朴尚洙,MONOist]

 ダッソー・システムズ・ソリッドワークス(Dassault Systemes SOLIDWORKS:以下、ソリッドワークス)は、現在βテストを行っている教育向け3Dアプリケーション群「SOLIDWORKS Apps for Kids(以下、Apps for Kids)」の新たな展開として、教師向けのプラットフォーム「SOLIDWORKS Apps for Kids Classroom(以下、Classroom)」を用意していることを明かした。2018年後半の正式リリースを目指しているという。

 Apps for Kidsは、4〜14歳の子どもを対象とする、3Dデータを活用したSTEAM(科学、技術、工学、芸術、数学)教育に最適なアプリケーション群として「SOLIDWORKS World 2016」で発表された(関連記事:未来のエンジニアを育てる「SOLIDWORKS Apps for Kids」)。

 現時点で無償提供されているApps for Kidsの機能は5つある。アイデアの基になる写真や映像、音声などのコンテンツを集めてインスピレーションボード上で構想を練る「Capture It」、直観的に3Dデータのモデリングを行える「Shape It」、Shape Itで作成した3Dデータの見た目を仕上げる「Style It」、メカニカルな機構を作り出す「Mech It」、Capture Itで作成した2Dデータの印刷、Shape Itなどで作成した3Dデータを3Dプリントする「Print It」である。これらの他にも、Apps for Kidsで作成したデータを使ってインタラクティブなスライドショーに仕立てる「Show It」や、ゲーム機能を提供する「Game It」などを開発中だ。

「Apps for Kids」で利用可能な機能 「Apps for Kids」で利用可能な機能。「Show It」についてはまだβ版だという(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス
「Capture It」の機能イメージ「Shape It」の機能イメージ 「Capture It」(左)と「Shape It」(右)の機能イメージ(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス
「Mech It」の機能イメージ「Print It」の機能イメージ 「Mech It」(左)と「Print It」(右)の機能イメージ(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス

 Apps for Kidsは、現在までに1万人以上の子どもが利用しており、Shape Itで作成した3Dデータの数は5万点に上る。この中から、パブリックギャラリーとして約3000点の3Dデータが公開されている。

“仮想の教室”で安心安全を提供

 Apps for Kids自体は個人向けのアプリケーションだ。βテスト中ではあるが、誰でも(子どもではなくても)無償でダウンロードして利用できる。これに対して、開発中のClassroomは、学校の教師がApps for Kidsを使ってSTEAM教育を行うためのプラットフォームになっている。

「SOLIDWORKS Apps for Kids Classroom」の概要 「SOLIDWORKS Apps for Kids Classroom」の概要(クリックで拡大) 出典:ソリッドワークス

 Classroomに登録した教師は“仮想の教室”を作って子どもを招待することができ、クローズドな環境で子どもたちにApps for Kidsを使ってもらいながらSTEAM教育を行える。この仮想の教室では、教師が用意したデータや、招待した子どもが作成したデータを共有するスペースは提供されるものの、パブリックギャラリーなどにアクセスすることはできない。

 「Apps for Kidsのβテストを続ける中で、教師から、子どもが扱うソフトウェアのアクセス管理をしたいという要望があった。教師が管理するクローズドな環境によって、子どもの家族が求める高いレベルの安心安全を提供できるようになる」(ソリッドワークス)という。

 なお、Apps for Kidsの展開は北米が中心だが、ソリッドワークスの親会社であるダッソー・システムズの本社があるフランスからの引き合いも強くなっているという。「もともと子ども向けを前提に開発しており、言葉に頼らない直感的なユーザーインタフェースになっているので、ローカライズは容易だと考えている。日本でもぜひ使ってもらいたい」(同社)としている。

関連キーワード

SolidWorks | 3D | 子供 | ダッソー・システムズ | 教育


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.