ニュース
» 2018年03月07日 07時00分 公開

ジュネーブモーターショー2018:日産がフォーミュラE参戦車両のデザイン公開「あたかも超音速で飛ぶ電動の鳥」

日産自動車は、「ジュネーブモーターショー 2018」において、2018年12月から参戦する「フォーミュラE」のレーシングカーのカラーリングコンセプトを初公開した。

[朴尚洙,MONOist]

 日産自動車は2018年3月6日(現地時間)、「ジュネーブモーターショー 2018」(プレスデー:2018年3月6〜7日、一般公開日:2018年3月8〜18日)において、同年12月から参戦するEV(電気自動車)のフォーミュラカーレース「フォーミュラE」のレーシングカーのカラーリングコンセプトを初公開した。同社は「東京モーターショー2017」で、フォーミュラEへの参戦を発表していた。

日産自動車のフォーミュラEマシンのカラーリングコンセプト 日産自動車のフォーミュラEマシンのカラーリングコンセプト(クリックで拡大) 出典:日産自動車
サイドビュー同じEVである「リーフ」との対比 日産自動車のフォーミュラEマシンのサイドビュー(左)。同じEVである「リーフ」との対比(右)(クリックで拡大) 出典:日産自動車
日産自動車のフォーミュラEマシンのフロントトップビュー 日産自動車のフォーミュラEマシンのフロントトップビュー(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 今回のカラーリングを担当したのは、日本国内を拠点とする日産自動車のグローバルデザイン本部である。空気抵抗と重力から自由になるというデザインコンセプトと、電動パワートレインによる静粛かつ爆発的なスピードから発想を得て、カラーデザインをする際にドップラー効果に留意した。このドップラー効果による超音波パルスと、ソニックブームから発せられるパワーのコンビネーションがモチーフになっている。

 同本部を担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は「デザインチームは、2018年12月から始まるシーズン5用のフォーミュラEマシンを一目見て、あたかも電動の鳥が超音速で飛んでいるように感じた」と語る。

 また、フォーミュラEのシーズン5から採用される新たなパワートレインパッケージにより、さらなるパワーと走行距離を実現できる。これまでのフォーミュラEで必要だった、レース途中の車両交換が不要になるという。「日産はEVの先駆者であることに誇りを持っており、これまで培ってきた知見をモータースポーツに生かしたいと考えている。日産にとってフォーミュラEは、EV技術の重要な開発プラットフォームの1つであり、世界の主要都市の中心部でレースができることから『ニッサン インテリジェント モビリティ』を紹介するのに最適のクルマといるだろう」(日産自動車 CPO(チーフパフォーマンスオフィサー)のホセ・ムニョス氏)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.