ニュース
» 2018年03月08日 07時00分 公開

リテールテックJAPAN2018:カメラを使わずレーダーで顧客動態を見える化、NECがサービス提供へ

NECは、「リテールテックJAPAN 2018」において、店舗における顧客動態をカメラを使わずにレーダーで見える化するサービスを紹介した。現在実証実験による顧客からの評価を受けており、2018年6月の発売を予定している。

[朴尚洙,MONOist]

 NECは、「リテールテックJAPAN 2018」(2018年3月5〜9日、東京ビッグサイト)において、店舗における顧客動態をカメラを使わずにレーダーで見える化するサービスを紹介した。現在実証実験による顧客からの評価を受けており、同年6月の発売を予定している。

顧客動態をレーダーで見える化するサービスの展示 顧客動態をレーダーで見える化するサービスの展示(クリックで拡大)

 店舗における顧客動態の見える化では、カメラを使うのが一般的だ。しかし、浴場やサウナなどカメラを設置できない場所があったり、最近では個人情報保護の観点からカメラを設置するための認可取得に手間がかかるようになっている。

 今回展示したサービスは、24GHz帯のマイクロ波レーダーを用いることにより、個人情報を取得せずに顧客動態を把握できることが特徴になる。また、マイクロ波が水(体の60%が水分の人も含む)と金属以外のものを透過するため、壁の中などに設置することもできる。

 さらに、ハードウェアとして、検知範囲45度、検知距離10mのマイクロ波レーダーユニットと、携帯電話通信が可能なSIMカードを組み込んだルーターだけで構成しているので設置が容易だ。利用料金も1カ月当たり2万5000円弱と比較的安価である。

レーダーで取得した顧客動態の混雑推移ハードウェアはレーダーユニットとルーターを用いるだけ レーダーで取得した顧客動態の混雑推移(左)。ハードウェアはレーダーユニットとルーターを用いるだけなので設置が容易だ(右)(クリックで拡大)

 「カメラのように、顧客の性別や年齢を見分けたりすることは難しいし、正確な人数も把握できるわけではない。しかし、顧客の動態はしっかり見れるので、カメラを設置する前のファーストステップとしての利用も可能だ。設置がかなり簡単で、短期利用もできるのでぜひ試してほしい」(NECの説明員)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.