ESEC2018&IoT/M2M展 特集
ニュース
» 2018年03月08日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:Armプロセッサに対応するT-Kernel 2.0ベースのオープンソースパッケージ

日立超LSIシステムズは、Armの「Cortex-A」や「Cortex-R」に対応し、「IAR Embedded Workbench for Arm」をレファレンス統合開発環境として採用したT-Kernel 2.0ベースのオープンソースパッケージ「OpenTK」を発売した。

[MONOist]

 日立超LSIシステムズは2018年2月21日、Armのプロセッサコア「Cortex-A」や「Cortex-R」に対応し、「IAR Embedded Workbench for Arm」をレファレンス統合開発環境として採用した「T-Kernel 2.0」ベースのオープンソースパッケージ「OpenTK」を発売した。

 OpenTKは、オープンソースのリアルタイムOSであるT-Kernel 2.0を基にして、Armプロセッサへ移植し、TCP/IPスタックなどのミドルウェアやボードサポートパッケージを統合するなど、機能拡張を施した。

 高機能アプリケーションプロセッサ向けのCortex-Aと、リアルタイム性能を重視した組み込みプロセッサ向けのCortex-Rに対応。OpenTKの中核となったT-Kernel 2.0は、リアルタイム性能に優れてメモリ使用量も少ないことから、Cortex-Rと組み合わせたIoTエッジノードのOSとしての利用を想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.