ニュース
» 2018年03月09日 11時00分 公開

FAニュース:産総研とIVIがスマート製造分野で連携、国際標準化などを視野

産業技術総合研究所とIVIはスマート製造実現に向けた連携と協力を開始する。

[MONOist]

 産業技術総合研究所(以下、産総研)とインダストリアルバリューチェーンイニシアティブ(以下、IVI)は2018年3月7日、スマート製造の実現に向けた連携と協力に関して協定を結んだことを発表した。

 産総研では、さまざまな機器を連携させる「つながる工場」の構築を臨海副都心センターで推進しているが、今回の提携により、産総研とIVIは同拠点を中心的な拠点として位置付け、IoT(モノのインターネット)を活用したスマート製造の推進に向けた協力活動を展開する計画である。

 IVIは、日本機械学会生産システム部門の「つながる工場」分科会が母体となり、2015年6月から活動を本格化。2015年度は、日本の現場力を生かした「緩やかな標準」を軸とし、具体的な問題を軸とした企業間協力などの取り組みを推進している。2016年からは外部団体との連携などにも積極的に取り組んでおり、米国のインダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)やドイツの各団体との連携を発表している。

 今回の提携により、200社を超えるIVI参画企業によるさまざまなユースケースに対し、産総研拠点の「つながる工場」を利用して産総研シーズ技術の適用を進める。産総研が持つ加工、計測、ロボット、情報、知識処理などの技術を個別の要素技術を連携させることで、課題解決や価値創出を実現する研究開発を推進する。さらに、これらの活動の中から得られた成果をもとに、スマート製造展開のために標準化が必要とされる技術を特定し、その規格策定と国際標準化活動を進める。また、これらの研究開発をベースとして、コネクテッドインダストリーズ(Connected Industries)を実現するための国家プロジェクト事業への共同提案を行うとしている。

photo IVIが参照モデルで定義しているスマートモノづくりの最小単位(SMU) 出典:IVI

関連キーワード

産総研 | FA | 工場 | IoT


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.