ニュース
» 2018年03月09日 13時00分 公開

CADニュース:CADデータに触れる3Dデザインレビューシステムを開発

exiiiは、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を活用し、CADデータに触れる動作ができる3Dデザインレビューシステムを開発した。併せて、VR内のオブジェクトに触れる感覚を再現するデバイス「EXOS Wrist DK1」「EXOS Gripper DK1」を発売する。

[MONOist]

 exiiiは2018年2月28日、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を活用し、CADデータに触れる動作ができる3Dデザインレビューシステムを開発したと発表した。併せて、VR(仮想現実)内のオブジェクトに触れる感覚を再現するデバイス「EXOS Wrist DK1」「EXOS Gripper DK1」をビジネス向けに発売する。

 同システムと既存のVRを組み合わせることで、例えば自動車のインテリアデザイン開発において「ハンドルやバックミラーの位置はどのあたりか」「運転席からボタンは押しやすいか」といった、視覚と触覚を組み合わせた直感的な検証ができる。同システムについては、日産自動車グローバルデザイン本部がカーデザインプロセスでの活用を検討している。

 EXOS Wrist DK1は、手首関節の屈曲において掌背屈(手のひら側やその反対側への動き)と橈尺屈(とうしゃっくつ:左右方向の動き)の二方向へ力の提示をすることで、VR内のオブジェクトに「触れる」感覚をリアルに再現する。アタッチメントを交換すれば、Vive ControllerやOculus Touchと同時に使用でき、制作済みコンテンツの拡張にも対応する。また、オブジェクトに追加する触覚と別にイベントをきっかけとした触覚を追加できるので「銃を撃つ」「ボタンを押す」などの動作も提示可能だ。

 EXOS Gripper DK1は、指の開閉方向へ力を提示して、VR内のオブジェクトを「つかむ」感覚をリアルに再現する。装着を簡略化しており、カジュアルな用途に向いている。なお、EXOS Wrist DK1、EXOS Gripper DK1のどちらにも、Unity用開発キットを同梱する。

 同社はこれらの技術により、3Dシミュレーションによる早期の課題発見、完成イメージとのギャップの最小化、デザインプロセスの短縮といったメリットを提供していく。

photo 「EXOS」を活用したCADデータデザインレビュー(クリックで拡大) 出典:exiii
photo 「EXOS Wrist」(クリックで拡大) 出典:exiii
photo 「EXOS Gripper」(クリックで拡大) 出典:exiii

関連キーワード

CAD | レビュー | CADニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.