ニュース
» 2018年03月15日 13時04分 公開

3Dプリンタニュース:三菱ケミカルが3Dプリンタ用フィラメントメーカーのDutch Filamentsを買収

三菱ケミカルは、オランダの3Dプリンタ用フィラメントメーカーDutch Filamentsを買収した。成長が期待される3Dプリンタ用の素材を含め、機能性樹脂事業の強化を図る。

[MONOist]

 三菱ケミカルは2018年3月2日、同社のヨーロッパにおける機能性樹脂事業の統括会社Mitsubishi Chemical Performance Polymers Europeを介して、オランダの3Dプリンタ用フィラメントメーカーDutch Filamentsを同月1日付けで買収したと発表した。

 Dutch Filamentsは2014年に創業。創業から事業を拡大し続け、3Dプリンタ用樹脂フィラメントの大手メーカーへと成長した。製造およびマテリアルデザインに関する技術とノウハウを有し、広範囲かつカスタマイズされた高品質な樹脂フィラメントを展開している。

 三菱ケミカルでは、3Dプリンティングを製造工程の大幅な削減や、既存の技術では製造が困難な複雑形状品の製造を可能とする技術として位置付けている。今後、自動車、航空宇宙、医療などの多くの分野で、既存の事業モデルを大きく変える可能性を持つと見込んでいる。

 同社は新たな事業拠点の取得により、Dutch Filamentsが蓄積してきた3Dプリンタ関連技術や市場ネットワークをベースに、成長が期待される3Dプリンタ用の素材を含め、機能性樹脂事業のさらなる強化を図る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.