ニュース
» 2018年03月16日 07時00分 公開

工場ニュース:エレベーターの新工場を韓国で稼働、生産能力を2.5倍に拡大

三菱電機は、韓国の仁川経済自由区域に建設した韓国三菱エレベーターのエレベーター新工場を稼働した。新工場にはR&Dセンターを新設し、開発・検証機能を強化。生産能力を現在の2.5倍となる4000台に拡大する。

[MONOist]

 三菱電機は2018年3月1日、韓国の仁川経済自由区域に建設した、韓国三菱エレベーター(KMEC)のエレベーター新工場を稼働した。生産能力を現在の2.5倍となる4000台に拡大。エレベーター機器の開発、検証、製造を行う。

 同社は2001年に韓国でKMECを設立し、韓国内の事業を順次拡大してきた。2008年からは高速エレベーターの輸出を開始し、グローバル供給拠点としての役割も担っている。

  今回、約330億ウォン(約35億円)を投資し、新工場を建設。開発・検証機能を強化し、グローバル事業展開の加速と韓国市場での事業規模拡大を図るとしている。敷地面積は1万8220m2、総建築面積は1万90702だ。

 新工場内には、KMECの開発検証組織「R&Dセンター」を新設。マザー工場である稲沢製作所の開発機能を一部移管して開発検証に活用する。販売、設計、開発、製造、据付、保守の一気通貫体制を韓国で構築し、韓国市場のニーズや据え付け、保守での現場情報を活用した韓国向け専用機種の開発検証を推進する。

 また、KMEC製高速エレベーターの速度を、従来の分速240mに加えて300m、360mまで拡大。現地生産化による価格競争力を強化し、高層ビル需要や、ASEANや中東を中心に増加する高速エレベーターのリニューアル需要に対応する。

 韓国向け専用機種「NexPia(ネクスピア)」シリーズの生産能力も増強し、韓国の中小規模低層ビル向けエレベーター需要の拡大に対応する。

photo 新工場外観(クリックで拡大) 出典:三菱電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.