VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2018年03月20日 16時00分 公開

VRニュース:アルファコードとDTCがVR/AR/MRのビジネス活用支援で協業、日本企業のVR活用を促進

アルファコードとデロイト トーマツ コンサルティングはVR/AR/MRの日本におけるビジネス活用支援サービスで協業すると発表。さまざまな情報を含んだVRコンテンツの編集が簡単に行える「VRider DIRECT」の利用により、VRのビジネス活用が遅れ気味といわれる日本企業が抱えるハードルを解消していこうとしている。

[MONOist]

 アルファコードとデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は2018年3月19日、VR/AR/MRの日本におけるビジネス活用支援サービスで協業すると発表した。アルファコードはVRコンテンツの企画や開発などに携わる企業で、VRコンテンツの作成・編集・配信システムの「VRider DIRECT」を提供する。VRider DIRECTはテキストや静止画像、2D動画、におい、音声などさまざまな情報を含んだVRコンテンツの編集が簡単に行える。DTCにおいては以前から、VRコンテンツをVRider DIRECTで開発し、自社の新卒採用活動で利用してきた。

 アルファコードとコンサルティングファームのDTCとが協業して、ビジネスモデル構想や業務変革など、国内外における知見と経験に基づき、クライアントの事業戦略・業務変革の構想策定からシステム構想、PoC実施、導入・展開に至るまで総合的に支援する。VRider DIRECTの利用により、VRのビジネス活用が遅れ気味といわれる日本企業が抱えるハードルを解消していこうとしている。

 両社は、既にVRコンテンツのビジネス利用が進む小売業、サービスにおける宣伝・販促・マーケティング分野の他、製造や建設、医療、観光などさまざまな産業においてソリューションを提案する。現場での活用から人材教育まで、あらゆるビジネスシーンでの短期〜中長期的な活用機会の提案から、実装までを一貫して担っていく方針だ。

関連キーワード

VR | コンサルタント | トーマツ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.