ニュース
» 2018年03月23日 15時00分 公開

医療機器ニュース:オランダの医療機器メーカーを買収、X線・ヘルスケアIT事業を強化

キヤノンメディカルシステムズは、オランダの医療機器メーカーFysiconの株式を取得する契約を締結し、必要な承認手続きを経て買収を完了した。これにより、X線事業とヘルスケアIT事業を強化する。

[MONOist]

 キヤノンメディカルシステムズは2018年3月7日、X線事業とヘルスケアIT事業を強化するため、オランダの医療機器メーカーFysicon(フィジコン)の株式を取得する契約を締結したと発表した。必要な承認手続きを経て、同社の買収を完了した。

 Fysiconは1996年に設立。オランダの北ブラバント州オスに本社を構え、患者の生体情報から心機能解析を行う検査機器や、クラウド型の医療情報管理アプリケーションなどの開発・製造・販売を手掛けている。特に、心臓波形を読み取って心機能を解析する機器では、操作性などの面で高い評価を得ている。

 今後、キヤノンメディカルシステムズは、同社のX線アンギオグラフィシステムとFysiconの製品との連携を図り、海外市場を中心に一体化したソリューションを提供する。これにより、心臓疾患の治療現場のワークフロー改善に取り組むという。

 さらに、両社のヘルスケアIT技術を融合させ、術前・術中・術後のフォローアップを含めたトータルケアを進めるとしている。

関連キーワード

医療 | キヤノン | 買収 | 医療機器ニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.