ニュース
» 2018年03月26日 13時00分 公開

CADニュース:2D CAD「図脳RAPIDPRO19」のネットワーク版を発売、コスト削減効果が期待

フォトロンが、LAN上でフローティングライセンスを管理するクライアントサーバ型の国産2D CAD「図脳RAPIDPRO19ネットワーク版」を発売した。ライセンスをCADを同時に起動するPCの台数分だけ購入するため、コスト削減につながる。

[MONOist]

 フォトロンは2018年3月、LAN上でフローティングライセンスを管理するクライアントサーバ型の国産2DCAD「図脳RAPIDPRO19ネットワーク版」を発売した。1ライセンス当たりの価格は、累計ライセンス数が5〜10の場合で17万5000円(税別)だ。

 同製品は、同時起動数をサーバで管理するクライアントサーバ型の国産2D CADだ。CADを利用する人数分のライセンスではなく、CADを同時に起動するPCの台数分だけライセンスを購入する。

 仮に100人の利用者がいても、同時に起動する人数が20人であれば20ライセンス分を購入する仕組みのため、ライセンスコストを削減できる。CADを利用したい人が急に現れた場合も、すぐにインストールして使用でき、業務上の機会損失を減らせる。

 さらに、スタンドアロン版で発生していた各個人へのシリアル番号の割り当てや異動の際のライセンス回収など、管理面での負担やコストも削減できる。

photo 「図脳RAPIDPRO19ネットワーク版」フロー図(クリックで拡大) 出典:フォトロン

関連キーワード

CAD | ネットワーク | CADニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.