ニュース
» 2018年03月27日 07時00分 公開

FAニュース:熱に強い母材やコーティングで耐摩耗性を高めた切削工具の新材種

京セラは、鋼加工用チップの新材種「CA025P」を発表した。母材や母材のコーティングに熱に強い素材を採用することで、耐欠損性、耐摩耗性を向上させた。チップ交換頻度が低減する他、歩留まりの改善にも貢献する。

[MONOist]

 京セラは2018年3月5日、鋼加工用の切削工具(チップ)の新材種「CA025P」を発表した。同年3月から順次量産に入り、同年4月2日より本格販売を開始する。74型番があり、価格は770〜1320円(税別)。販売目標は年間3億円だ。

 CA025Pは、超硬合金の母材にCVD(化学蒸着)の多層コーティングを施し、熱に強い新開発の厚膜酸化アルミニウム(Al2O3)をCVDコーティング膜の1つに採用した。これにより、摩耗による変形を低減して長寿命化を図った。加えて、切削時の溶着を抑制する特殊表面構造を採用し、耐チッピング性が向上。チップ交換頻度が低減した他、歩留まりの改善に貢献する。

 また、耐欠損性を向上するため、高温時に優れた特性を発揮する超硬合金母材を新たに採用した。既存のブレーカであるPG(断続加工の荒加工〜中切削向け)、GS(連続加工の荒加工〜中切削向け)、PQ(中切削〜仕上げ加工)、PP(仕上げ加工)と組み合わせれば、荒加工から仕上げ加工まで幅広く対応できる。

photo 「CA025P」を採用した切削工具 出典:京セラ
photo 耐摩耗性比較 出典:京セラ
photo 切削終了時の摩耗状態 出典:京セラ

関連キーワード

切削加工 | 京セラ | FA | FAニュース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.