ニュース
» 2018年03月28日 09時00分 公開

製造ITニュース:スマートファクトリー化に役立つデータを簡易診断、50〜100万円で

スカイディスクは、工場内のデータを分析してAI(人工知能)による業務効率化に使用できるデータかを簡易診断する「スマートファクトリー化向けAI簡易診断パッケージ」を提供開始した。

[MONOist]

 スカイディスクは2018年3月14日、工場内のデータを分析してAI(人工知能)による業務効率化に使用できるデータかを簡易診断する「スマートファクトリー化向けAI簡易診断パッケージ」を提供開始した。

 同パッケージでは、AI開発における初期の2ステップ、データ診断カルテ作成と、分析手法を検討する解析レポートをまとめた。まず、提供されたデータをスカイディスクが評価し、データ診断カルテを作成・報告する。データ提供した企業はその結果を確認し、データ不備がある場合はデータを追加取得する。

 その後、スカイディスクでデータを簡易解析し、解析レポートを作成。データ提供した企業に報告することで、AI化実施の判断を支援する。データの提供企業が故障予知や歩留まり向上のためにAI作成を希望する場合は、要件定義へと進む流れになる。

 パッケージ価格は、50〜100万円(税別)。データ診断カルテのみを利用し、解析レポートを依頼しなかった場合は無料だ。

photo AIによるサービス運用までの流れ(クリックで拡大) 出典:スカイディスク
photo AI簡易診断パッケージの作業例(クリックで拡大) 出典:スカイディスク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.