ニュース
» 2018年03月28日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:カラーやテクスチャ機能を強化したポリゴンデータ編集ソフト「POLYGONALmeister Ver3.0.0」発売

日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴンデータ編集ソフトウェアの最新版「POLYGONALmeister Ver3.0.0」を発売した。カラーおよびテクスチャ機能を強化し、カラー3Dスキャナー、カラー3Dプリンタをサポートする。

[MONOist]

 日本ユニシス・エクセリューションズは2018年3月26日、ポリゴンデータ編集ソフトウェアの最新版「POLYGONALmeister Ver3.0.0」を発売した。カラーやテクスチャの付いたポリゴンデータの色を簡略化したり、リメッシュなどの編集が可能で、カラー3Dスキャナー、カラー3Dプリンタをサポートする。

 価格は、基本パッケージが40万円、医療用モデル作成用パッケージが50万円、地形モデル作成用パッケージが40万円。色対応するための追加機能は20万円(各税別)。3年間で500セットの販売を見込んでいる。

 最新版では、カラーおよびテクスチャ機能を強化。色の付いていないフェイスに色やテクスチャを付ける「塗りつぶし」、メッシュに貼りつけたテクスチャの位置を合わせる「テクスチャ位置合わせ」、フェイス色やテクスチャを頂点色に置き換える「頂点色化」に対応する。非連続なテクスチャを連続するテクスチャに再構成する「テクスチャ再構成」は、β機能として提供する。

 その他、色の境目など目立たない位置でモデルを切断できるループカット機能、和・差・積の集合演算機能、サーフェス状のメッシュを投影して立体にする投影立体機能、抜き穴作成機能などを追加。CTやMRIで採取した臓器や歯のポリゴンモデルの編集に必要な機能、ドローンや国土地理院から取得したGeoTIFFデータから地形をメッシュ化する機能も強化した。

 また、3Dプリンタの造形テーブルサイズが設定でき、編集作業が造形テーブルを参照しながらできる。β機能の厚み検査機能では、製品の薄い箇所を特定可能だ。

photo 塗りつぶし機能(クリックで拡大) 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ
photo ループカット機能 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ
photo 厚み検査機能 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ

関連キーワード

日本ユニシス | ポリゴン | 3Dプリンタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.